<< オメデトウ 秋の山行 >>

秋の山行2

 
火山館の裏手から登山道は続いてて



そこからは景色が段々変わってきた。
b0200216_1650133.jpg
b0200216_165052100.jpg





そして、




ようやくその姿が見えてきました。
b0200216_16533833.jpg

アップにすると
b0200216_1656235.jpg

上のゴマ粒みたいのは人です。




反対を見れば黒斑山など。
b0200216_16574792.jpg



ぐんぐん高度を上げていきます。
b0200216_1734538.jpg

と、言いたいトコだけどこの斜面↓
b0200216_1743545.jpg

見るより遥かにキツイし、
風が強いし、
ジャリジャリの砂が滑るもんで
何しろ歩きづらい!



すぐそこに見えるのに、なかなか近づかない。



えっちらおっちら登ってようやく
前掛山への分岐に着いた~!
b0200216_1719952.jpg

緑のロープの先は入れません。
その上に浅間山の火口があるみたい。


でも、けっこうロープを乗り越えて火口を
見に行く人がいるんだよね~。


もちろん、モラルってのもあるけど、
こう言うトコの立ち入り禁止ってさ
その先に命に関わる「何か」があるから立ち入り禁止な訳だと思うんだよね。

オレらはここに遊びに来てるし、登山を楽しみに来てる。
遊びに来てるのに命を削るようなマネはしたくない。
だからオレらは入らないよん。



とか言ってもさ~
やっぱり一番思うのは、
そういう事しちゃうと「山の神様」に怒られちゃう
気がするんだよ~。

いくつになっても怒られるのって嫌じゃん。

朝から、「人の味噌汁に箸突っ込むなっつーの!」なんて怒られてみなよ。
お昼頃までは憂鬱になっちゃうでしょ~。




ま、そんなわけで
ロープ沿いに右の方に行くと
前掛山に至ります。
真ん中よりやや左の高いとこまで行けます。
b0200216_17461481.jpg



その前に、風を多少凌げるシェルター内で腹ごしらえ。
b0200216_17495232.jpg

強風の中、暖かい味噌汁がなんとも有り難い。




いよいよ前掛山へ動き出します。




さっきまでいたシェルターがあんな小さく見える。
b0200216_17541636.jpg

さらに高度感がある。
b0200216_17561256.jpg


すごい速さでガスが駆け抜けて行き、
ついさっきまで開けてた景色があっという間に
b0200216_183594.jpg

ガスの中。
b0200216_1843236.jpg

すんげぇ~さみ~。




んで、




やっとこ登頂♪
b0200216_1881079.jpg

b0200216_18125093.jpg



火口を目の前に座ってみると
じんわりお尻が温かいんですよ~。
b0200216_1811081.jpg

ちょっと怖かったけど・・・。






長居はせず、早めに下山。
b0200216_1816547.jpg



途中、景色が開けた。
b0200216_18173581.jpg






火山館辺りまで来て、やっと風も気温も落ち着きました。

あとはのんびり下りるだけ。
b0200216_18231186.jpg



すごくキツかったけど、

ものすごく楽しかった♪




総時間 約8時間(休憩含む)
[PR]
by ancoebisu | 2011-11-10 18:36
<< オメデトウ 秋の山行 >>